記事の詳細

健康状態が良好でない場合や肌トラブルがある場合はお手入れができません。(以下参照)

*体調がすぐれない *肌が乾燥している *当日お薬を服用している
*妊娠中・授乳中 *前後10日以内に予防接種をしている *日焼けしている
*前後12時間以内に飲酒をしている *一か月以内に挙式を控えている
*お手入れ前に運動や入浴など発汗を促す行為をしている
*当日お手入れ箇所に制汗剤・保湿剤・日焼け止め・湿布を利用している
*生理中のデリケートゾーン(Vライン・Iライン・ヒップ奥(Oライン)・トライアングル上・トライアングル下)

日焼けは肌に炎症がある状態なので、日常的な軽い日焼けでもお手入れできない場合があります。
また、傷がある箇所は回復を問わずお手入れ不可となります。
アトピーがある方は肌状態が安定していればお手入れが可能です。
ただし、通院先の医師の確認が必要となります。

表面に出ていない埋もれ毛は専用ジェルが毛を抑制していくので処理ができにくいです。

ケロイド体質・光過敏症・肌が極端に弱い・その他、皮膚に何らかの異常がある場合はお手入れできない場合があります。
心配な場合はカウウンセリング時など事前に相談しておきましょう。

持病などをお持ちの方はお手入れができません。(以下参照)

*癌の既往症がある *緑内障 *薬物アレルギー *アルコール依存症
*内科系疾患(感染病・糖尿病・心臓病・肝臓病・甲状腺疾患など日常生活に障害がある疾患)
*ペースメーカーを使用 *てんかんの既往症がある *その他通院中

生理中でもデリケートゾーン以外のお手入れは可能です。
妊娠中・授乳中はお手入れができません。(期間の延長が可能。再開は授乳終了後、生理が二カ月以上順調にあることが条件)

タトゥー部分はお手入れができません。タトゥー部分から5cm以上の間隔をあけてのお手入れとなります。

年齢制限はありませんが、生理が順調に来ていることが条件となります。
また、未成年の方は親権者の同意書が必要となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る
メイクアップ