記事の詳細

お手入れ前後には注意することがいくつかあります。
肌トラブルを引き起こしたりのないよう、きちんと確認してからお手入れしましょう。

☆お手入れについて

毛が抜けていくのは個人差はありますが、大体お手入れご2週間程です。
成長期の毛のみに反応するため、1回のお手入れで全ての毛には効果は出ません。
毛周期に合わせて継続的にお手入れすることでムダ毛処理の手間がかからなくなります。
個人差はありますが大体4~6回で自己処理がとても楽になり、8~12回でムダ毛の心配がいらない程になります。

毛周期に合わせて数カ月に1度のサイクルで一定期間を空けてお手入れします。
体質によって異なる場合もありますが、基本的に毛の濃さによる回数の変動はありません。
(細い毛や産毛のある箇所には回数を必要とする場合もあります。)

「両ワキ美容脱毛完了コース」「Vライン美容脱毛完了コース」「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は
何度でもお手入れが可能ですが、お手入れに最低二ヵ月の期間を空ける必要があります。
フリーセレクト脱毛コース、セットコースは追加での契約によって回数を増やすことができます。

1回のお手入れにかかる時間は箇所によって異なりますが、両ワキなら約30分ほど。
部位による感触の違いや毛の密集度合いによって痛く感じるところとそうでないところがあります。
一般的にデリケートゾーンが一番痛みを感じやすいといわれています。

同じ箇所のお手入れを2ヵ月以内に行うことは肌に負担がかかるため原則できません。
お手入れ期間を4ヵ月以上空けることは問題ありません。

お手入れの際は専用のキャミソールorガウンに着替えます。
ハイジニーナはガウンに着替え、専用のペーパーショーツを着用してのお手入れとなります。

☆お手入れ前後について

乾燥や日焼けをしている肌はダメージがある状態なのでお手入れができない場合があります。
日ごろから保湿ケアや日焼け防止に気をつけておきましょう。
保湿ケアを日ごろから行い、皮膚を柔らかく保つことで、埋もれていた毛が出やすくなり脱毛効果が向上します。
(敏感肌用のローションや乳液がオススメです。)

体温が上昇すると体内に熱がこもりやすくなり、肌トラブル(赤み・痒み)の原因になりますので、
お手入れ前後12時間の飲酒・入浴・運動は控えましょう。

お手入れ当日は肌を安静にするため、エステなどは控えましょう。
また、保湿クリームや制汗剤などの使用も控えましょう。

お手入れ当日または前日までに、剃刃もしくはシェーバーで脱毛箇所の自己処理を済ませておきましょう。
(肌に赤みの出やすい人は事前にサロンスタッフに相談してみてください。)
デリケートゾーン・全身脱毛の場合の自己処理は、剃り残しがあった場合該当箇所を避けたり、お手入れを断られる場合があります。
襟足・背中(上)・背中(下)・ヒップ奥(Oライン)のみ剃り残しがあったらサロンスタッフが手伝ってくれます。

美容脱毛が完了するまで、毛抜きやワックスでの自己処理は控えましょう。
お手入れの翌日以降は肌の状態が落ち着いたらシェーバーか剃刃での処理は可能です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る
メイクアップ